マリッジブルー?けん怠期?

今回は、結婚についてです。
相談者は20代後半の女性です。
彼女には付き合って半年の恋人がいます。

彼氏は30代前半。
バランスからしてちょうどいいです。
彼氏の方はかなり積極的です。

なんと付き合ってすぐに相談者に結婚を申し込んでいるのです。
そして3ヶ月後にはお互いの両親の了解を得ています。
でも、お互い結婚適齢期を言える年齢なのでそういう流れにはなりますね。

でも半年くらいで結婚式の日取りまで決めてしまうってのはすごいと思います。
すごくトントン拍子ですね。
周りから羨ましがられそうです。

でも、相談者は不安はあるとのことです。
いざ結婚となると考えてしまいますよね。
マリッジブルーというものです。

彼のことは好きは好きみたいです。
でも、欠点がある。
まずは、背がかなり低いことです。

最初にそれを書いていましたがだったら最初から付き合わなければいいのでは???
それが目についてしまったので正直そう思いました。
でも、その欠点を補うものがあるから彼と付き合い続けた。

そこらへんは妥協というか納得していたそうです。
もう一つ欠点があります。
食事中にゲップをしたり、肘をついてご飯、貧乏ゆるり。

注意をしても治らないということ。
そしてもう一つはお金に対してシビアで夢がないということ。

現在は遠距離恋愛なのですが会えるのは月に2回。
もっと会いたいのですが宿泊代がもったいないとのこと。
結婚後の価値観も「外食はもったいない」「お金を貯めよう」

とにかく現実思考で夢がないというのが相談者にとって寂しいようです。
それを察しているのか彼は本当に俺でいいの??と聞いてきてます。
相談者は結婚楽しみを返しています。

もう結婚式場も押さえてありますし、今更後に引けないって感じですね。
彼はお金に関してはシビアですが「全力で何があっても幸せにする」と宣言している。

色々不安でけん怠期なのか本当に好きでなくなっているのか、それともマリッジブルーなのか
それを彼女は悩んでいます。
彼女としてはそんな気持ちなら結婚なんてやめればいいなんて意見はいらないようです。

不安や不満がない相手などいない

まずはけん怠期なのか冷めたのかは正直相手になってみないとわかりません。

自分はそれなら結婚をしなければいいなんて意見にはなりません。
よほど不満で結婚したくないという気持ちがない限りは簡単に別れないほうがいいです。
不満というのは少なからずあります。

やはり結婚がとんとん拍子で進んでしまったので心の奥にある不満が外に出てしまったというものですね。
ゲップに関しましては生理現象なので仕方ない部分はあるのではないでしょうか?

止める方法はいくつかありますが家で食事をする分には大目に見てほしいものです。
貧乏ゆすりは確かに気になりますね。
注意しても治らないというのは癖でしょう。

癖というのはすぐに治らないものです。
そこは時間をかけて直してもらうしかないと思います。
子供が生まれるようになって自分で意識して直していくかもしれません。

それで結婚を躊躇するレベルなのかなと正直思います。
あとは金銭感覚の問題ですね。
確かに過度の節約というのは考えものです。

そこは価値観の違いですかね。
逆を考えてみるといいです。
浪費家よりよほどいいと思いますよ。

貯金というのは大事です。
彼の言い分もわかります。
もし、彼がパチンコばかりしたり、必要なものを買ってばかりいたらどう思うでしょうか?

付き合ってる上では価値観が100%一緒というのはありませんし、不満ぜろはありません。
仮に今不安がなくても将来出てくると思うのです。
そこもお互い尊重しあっていくことが大事だと思います。

不満をいうことも大事

今回が一番危惧をしていることは相談者が我慢をしてるということです。
食事の時の癖は言っているみたいですが不満があったらいうことも大事です。
私は経験があるのですが別れる時に不満を一気にぶつけることです。

こちらからすればもっと早く言ってと思います。
直すこともできたのにと・・・・
それに不安を貯めると自分の精神にもよくありません。

癖に関しては根気よく注意をしていくことです。
これからは親になるのかもしれないからしっかり直してねと
もし食事中に肘をついたら何か軽いペナルティーを与えるとかです。

だた、ゲップの関しては体に問題がある可能性があります。
あまり続くようなら病院へ行くという手があります、それが大げさならゲップを止める方法というのを調べてみる。

お金に関することはきちんと話し合った方がいいですめ。
繰り返しますが浪費家よりずっといいと思います。
相談者はもっとお金をかけてほしい、彼はあまりお金をかけて欲しくない。

ならどこでどうお金を使うのかというのを決めておくといいです。
例えば、結婚記念日はどこどこへ旅行へ行く。
服はどこどこで買う。

普段は節約して使えるときは使う。
お互いを尊重した案を考えるというのが大事です。
そういうのを話し合っていけば不満を消えていくと思います。

付き合ったり結婚していると不満や価値観の違いは必ずあります。
でも、我慢しろというわけでなく、小出し小出しで不満をぶつけるというのが大事です。
一気にぶつけて引き返せないところもまで行ってしまうよりいいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする