冷めていてもスキンシップはできる?

今回テーマは冷めていてもスキンシップできる??です。
20代前半女性の悩みです。
相手は同じ年です。

交際期間は1年未満というケースです。
二人は就活をしています。
彼氏の方はすでに内定が出ていて就職活動は終わっています。

彼女の方は内定はもらってはいるものの、活動は継続中。
そんな活動を頑張っている彼女に彼氏から別れを告げられました。
直接ではなく、メッセージアプリ経由です。

内容は、好きかどうかわからなくなってきた。
遠距離恋愛になるかもしれないし、今のまま付き合っても悪い。
今がいいタイミングだと思う。

突然の出来事に彼女は動揺しました。
振られる方は動揺しますよね。
気持ち的にはやっぱり振る方が楽だと思います。

前兆が全くなかったそうです。
当然彼女は納得していません。
ちなみに彼女は関西圏で就職を考えていて彼氏の方は関東圏です。

彼氏は関西方面に支店がある会社から内定をもらっています。
それも自分たちとの将来を見越してのことだと彼女は推測していました。
しかし、スキンシップをしてくれたり、水着姿を見たいなどがあったので思い過ごしだと思ったそうです。
別れと切り出せれ日は相談者は彼に電話をしましたが出てくれない。

メッセージアプリで謝るばかりでした。
一応電話はくれるようです。
その際に彼に気持ちをぶつけることにしました。

相談者の気持ちとしては怒りがおっきいです。
戻れる可能性があるのか、気持ちが冷めていてスキンシップってできるものなのか??というのが相談内容でした。

別れは突然やってくるもの、冷めていてもスキンシップはできるもの

振られる時にありがちなパターンです。
結論から申し上げますと冷めていてもスキンシップというのはできるものです。
私が経験しています。

自分も振られる1週間前にスキンシップしてましたし、彼女から何ヶ月もの先の旅行の話をされました。
突然別れたいと言われて「は????意味がわからあい?冗談でしょ?」と思いました。

彼女は二ヶ月くらい前から冷めていたみたいです。
悲しいことに冷めていてもできるのですよ。
別れは突然やってきますが私の元彼女のように前から考えていたのでしょうね。

戻りたい気持ちはわかりますが現段階ではどうしようもないです。
相手あってのものです。
思い当たる節って冷静に考えてみるとあります。

怒りをぶつける前に考えてみるといいです。
相手の嫌がることをしてなかったか、あの時に不誠実な態度を取っていないか???
ただ、あまり自分を責めると追い詰めることになるので考えものです。

本音をぶつけるのはアリです。
ただ、怒りをぶつけると本音をぶつけるは違います。
自分の気持ちをぶつけた上で相手の主張を聞くことも大事です。

戻れるか戻れないかというのは相手あってのものですが今まで傾向を考えると追えば逃げるです。
冷静に行動をすることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする